日別アーカイブ: 2019年4月15日

春の魚‼︎

こんにちは

ビストロガニオンです( ´ ▽ ` )

年号も発表され、

さらに、20年ぶりに紙幣も刷新されるようですね( ´ ▽ ` )

新装開店から1ヶ月がたち、新しい時代に向け、進みだそうとしている世の中に

ビストロガニオンも遅れを取らぬよう精進して参ります。

今日はおすすめメニューからのご紹介です。

〜鰆のポワレ エンドウ豆のソース〜

です( ´ ▽ ` )

さわらという漢字は

魚編に春と書いて「鰆(さわら)」と書きます。

しかし、

この字が使われるようになったのは近世になってからで

江戸時代には「狭(さ)腹(はら)」と書いていたようです。これは、さわらの胴体が細く、お腹周りが狭いことからその名がつけられました。

また、小さい腹と書いて「小腹(さわら)」と書くこともあるようです( ´ ▽ ` )

さわらは別名サゴシと呼ばれますが

これは腰回りが狭いことから「狭腰(サゴシ)」という名がついたとのことです。

さわらは晩秋から春にかけて産卵期を迎え

現在使われている「鰆」という漢字は、

さわら漁が春に最盛期を迎えることに由来するようです( ´ ▽ ` )

普段当たり前のように使う魚の名前も

奥が深いですね( ´ ▽ ` )

そして、鰆は出世魚!

関東では小さい方から順に、

サゴシ・サコチ・サワラと、

関西では

サゴシ・ヤナギ/ナギ・サワラと呼ばれる。

名前が変わることを出世と見立てるのは、日本独自の風習に由来します。

実は江戸時代まで、

武士や学者は成人すると、

元服を機会に幼名から実名(成人後の名前)に変える習慣がありました。

そのことから、成長に応じて名前が変わる魚を「出世魚」と呼んでいます( ´ ▽ ` )

一般的に

出世魚は縁起物とされています( ´ ▽ ` )

そんな鰆をシンプルにポワレし、旬なエンドウ豆と新玉ねぎでピューレにしたソースを添えた一皿です。

他にも春ならではのおすすめメニューもございますので( ´ ▽ ` )

スタッフ一同お待ちしております。

ビストロ・ガニオン 《 Bistrot Gagnant 》

〒650-0012

兵庫県 神戸市 中央区 北長狭通2丁目4-3

078-321-0840

火曜定休

平日 15:00~open

土・日・祝

ランチ11:30~open

ディナー17:30~open

http://www.bistrot-gagnant.com

(姉妹店)

ル・ガニオン《 le Gagnant 》

〒650-0004

兵庫県 神戸市 中央区 中山手通一丁目27-10

TENSEIハンター坂ビル 1F

078-230-3511

水曜定休

ディナー 18:00~open

ランチ 12:00~open

http://www.legagnant.jp/

#ビストロ#三宮#リニューアル#ビストロガニオン#メゾンムラタ#カスクート#昼呑み#元町#駅近#徒歩5分#神戸#春#桜#花見#ガニオン#ブーランジェリー#肉#二次会#宴会#歓迎会#送別会#新生活#貸切#フロア#団体#貸切プラン#エッグベネディクト#ポーチドエッグ#パテドカンパーニュ#サンドイッチ

#はまぐり#ブルゴーニュ#シャブリ#シャルドネ#エスカルゴバター#ヌガーグラッセ#定番#デザート#花見##満開##令和#新元号##出世魚